保険について

医療費助成制度

大阪府の福祉医療費助成制度

WELFARE AND MEDICAL EXPENSES SUBSIDY SYSTEM OF OSAKA

大阪府福祉医療費助成制度とは、市町村が主体になって行っている制度で、申請が認められると医療費の自負担額の一部の助成を受けることができます。
大阪府は経済的負担を軽減し、必要な医療を受けやすくする環境をつくることにより、健康の保持及び福祉の増進を図っています。

重度障がい者医療費助成制度

大阪府内にお住まいの身体障がい者及び知的障がいのある方に対して、必要とする医療が容易に受けられるよう医療費の自己負担額の一部を助成する制度です。

大阪府内の市町村に住所がある方

所得制限など制限がありますが、障がい等級が1級・2級の身体障がい者手帳をお持ちの方や重度の知的障がいの方、中度の知的障がいで身体障がい者手帳をお持ちの方は重度障がい者医療費助成を受けることができます。

所得制限など制限がありますが、障がい等級が1級・2級の身体障がい者手帳をお持ちの方や重度の知的障がいの方、中度の知的障がいで身体障がい者手帳をお持ちの方は重度障がい者医療費助成を受けることができます。

老人医療費助成制度

大阪府内にお住まいの65歳以上の方、難病を有する方等に対して、必要とする医療が容易に受けられるよう医療費の自己負担額の一部を助成する制度です。平成30年3月31日までの障がい者医療対象の方で平成30年4月1日以降重度障がい者医療の対象にあてはまらない方は平成33年3月31日まで引き続き助成対象となります。

大阪府内の市町村に住所がある65歳以上の方

所得制限など制限はありますが、障がい者医療助成の対象の方やひとり親家庭医療費助成の対象の方、特定疾患特定疾患治療研究事業、結核にかかる医療を受けている方、精神通院医療を受けている方は老人医療費助成を受けることができます。

所得制限など制限はありますが、障がい者医療助成の対象の方、ひとり親家庭医療費助成の対象の方、特定疾患特定疾患治療研究事業、結核にかかる医療を受けている方、精神通院医療を受けている方は老人医療費助成を受けることができます。

ひとり親家庭医療費助成制度

大阪府内にお住まいの子どもがいるひとり親(両親がいない場合も含む)家庭の方に対して、必要とする医療が容易に受けられるよう医療費の自己負担額の一部を助成する制度です。

大阪府内の市町村に住所がある方

所得制限など制限はありますが、18歳に到達した年度末日までの子に加え、その子を監護する父又は母、その子を養育する養育者はひとり親家庭医療費助成を受けることができます。

所得制限など制限はありますが、18歳に到達した年度末日までの子に加え、その子を監護する父又は母、その子を養育する養育者はひとり親家庭医療費助成を受けることができます。

乳幼児療養費助成制度

大阪府内にお住まいの乳幼児を育てる家庭の方に対して、必要とする医療が容易に受けられるよう医療費の自己負担額の一部を助成する制度です。

大阪府内の市町村に住所がある方

大阪府内の市町村に住所がある0歳から6歳児(小学校就学前まで)は乳幼児医療費助成を受けることができます。

大阪府内の市町村に住所がある0歳から6歳児(小学校就学前まで)は乳幼児医療費助成を受けることができます。