柔道整復術の歴史

起原〜江戸篇

4900年以上の歴史を誇る東洋医術

  東洋医術の始まりは、古代中国の皇帝伏義が医学と八卦を大成させた紀元前2900年頃とされます。日本で医の律令が定められたのは、それから3000年も後の事、701年に施行された「大宝律令」においてでした。その後、一部改訂した「養老律令」が制定され、宮内省に典薬寮、内務省に内薬司というものがそれぞれ設置されました。典薬寮の中には「按摩」という職名があり、骨、関節の損傷を取り扱う専門職とされています。

 

日本柔道整復の礎を築いた男たち

  1619年、中国から亡命していた陳 元が拳法(柔術)と正骨術を江戸と長崎で伝授しました。これが柔術と整骨術を結び付ける端緒となり、その後「拳法、活法、接骨術」の3つは、殆ど同義語として扱われました。

 1746年には高志 鳳翼が日本最古となる整骨書「骨継療治重宝記」を著します。ただ、この本には治療法の記載が少なかった為、吉原 元棟が柔術の救急法に基づいて、「正骨要訣」を発表。主に外傷性脱臼の整復法を記したこの本で、整骨科を外科の分野として起こした吉原 元棟は、施術の中興の祖と言われます。

 1810年に大阪の各務 文献が運動作用の理論研究書「整骨新書」と「各骨真形図」を執筆。骨折から筋骨の疾患など多岐に渡るその内容は、今日の整形外科非観血的療法そのものと言われています。

明治時代

西洋からの新風。柔道整復術の苦難の時代

  江戸時代にめざましい発展を遂げた整骨術にとって、明治時代は苦難の時代と言えます。明治維新後、新政府によって西洋を万能とする医療制度改革が次々と行なわれたからです。

 明治6年(1873年)、太政官令により整骨師は医者として認可され、明治7年(1874年)の「医制」公布により、新たに開業を希望する者は、試験への合格が必須となりました。その試験内容は、翌年の明治8年(1875年)に「医師学術試験規則」として、局部解剖、生理、病理など、計7科に定められました。

 明治18年(1885年)には、内務省通達の「入歯、歯抜、口中療治、接骨営業者取締方」により、医術開業試験合格者以外は、いかなる医業も新規に開業する事が出来なくなりました。この時、届け出にも試験にも合格しなかった従来からの接骨・整骨師は、「従来接骨業」として、各府県から一代限りの制約付きで認可されましたが、明治24年(1891年)、東京府令「入歯、歯抜、口中療治、接骨営業者取締規則」によって、従来接骨業者であっても「接骨科」等の看板を掲げる事を禁じられました。その後、骨・関節障害の施術は「ほねつぎ」の手によって行われていましたが、明治44年(1911年)、内務省令にて、按摩術、鍼灸術営業取締規則が各々制定、公認される中、ひとり接骨術のみが取り残される不運に見舞われるなど、永きに亘って民衆に親しまれながら伝統を護り伝えてきた接骨・整骨術は消滅の危機を迎えます。

 その状況を受け、明治45年(1912年)、柔術諸流派の中でも楊心流を軸として神之神道流、そしてこの両派を基礎として成立した天神真楊流の三流に属する柔道整骨家の整骨術復活のための公認運動が始まりました。

昭和時代

動乱の時を経て、悲願の単行法が全会一致で可決!

  復興への道を着実に歩む柔道整復術。昭和5年(1930年)4月「大日本柔道整復師会」の名称を「全日本柔道整復師会」に改めます。昭和7年(1932年)には日本初となる、柔道整復師養成を目的とした学校「大阪接骨学校」を設立。昭和10年(1935年)には単行法および健康保険取り扱いの獲得、取り締まり弾圧の緩和などを実現する為に、全国大会を開催しました。その結果、昭和11年(1936年)内務省によって柔道整復師の健康保険取り扱いが認可され、単行法も昭和21年(1946年)に「按摩術営業取締規則」から分離独立する形で実現しました。しかし、翌年に発布された新憲法により、それまでの各省令は失効。しかも、当時のGHQ(連合国軍総司令部)は柔道整復術に否定的で、柔道整復術は廃止の方向で考えられていました。これに対し、一松 定吉厚生大臣、小野 孝厚生委員長の尽力によってGHQの了解を得て「あん摩、はり、きゅう、柔道整復等営業法」が国会を通過、法律第217号として制定公布されました。

 昭和28年(1953年)それまでの3年間、独自に活動していた「日本柔道整復師会」と「日本接骨師会」が統合。同年11月には「社団法人全日本柔道整復師会」が認可され、業界を代表する団体が誕生しました。これによって業界の組織力が飛躍し、昭和45年(1970年)柔道整復師の念願であった単行法「柔道整復師法」が全会一致で可決成立しました。その後、昭和63年(1988年)に、修学三年制、国家試験、大臣免許の三点に関する改正が行なわれ、試験実施に関する事務および登録を行う柔道整復研修試験財団が設立されました。

平成時代

学術面でも発展を遂げる柔道整復術

 昭和63年(1988年)の柔道整復師法改正で、試験や免許の管轄が都道府県知事から厚生大臣へ移行した事を受け、平成5年に第1回柔道整復師国家試験が実施されました。こうして、本格的に国家資格としてスタートを切った柔道整復術ですが、学術面においても更なる飛躍を遂げます。

 平成3年(1991年)日本柔道整復師会から学術部門を独立させる形で「日本柔道整復接骨医学会」が設立。柔道整復師だけでなく、医師、理学療法士、工学・体育・教育分野の教授および教員なども参加する学術団体として活動しています。平成14年(2002年)に日本学術会議から認証され、自然科学部門第7部会に団体登録されました。また、同年には、3年制の柔整学科短期大学部を京都府の明治鍼灸大学に設置。ついで平成16年(2004年)4年制大学の保健医療学部柔道整復学科が同大学(4月より明治国際医療大学と改称)に開設されました。

 今後の発展には、科学的な検証が不可欠

  現在、スポーツや介護分野などでも活躍する柔道整復術。平成14年(2002年)日本の伝統医療「ジュウドウセラピー」としてWHO(世界保険機構)に取り上げられるなど、世界的にも注目され始めています。今後、柔道整復術が日本の医療の一端を担っていくには、古来より培われてきた技術手法を近代科学的な視点から検証し、柔道整復の有効性を立証することが必要です。