お知らせ

2018.01.22

第3回 府民健康づくり講座「日本人として食を考える」のご案内

日本人として食を考える

~人の進化から考えた食事学~

日本人は、現代病の代表である糖尿病に苦しんでいます。

人工透析などによる医療費が膨大に伸び、国の財政にも大きな影響を与えています。

戦前まで、糖尿病は日本人には少ない疾患でした。

それにも関わらず、戦後約70年で糖尿病大国になってしまったのは何故でしょうか?

ヒト(哺乳類)が進化の過程で何を食べてきたのかを知り、

私たち日本人は何を食べることで健康でいられるのかを、一緒に考えてみませんか?

この講座は広く府民に開放しておりますので、

お知り合いの方や患者さんにご周知いただければ幸いです。

日 時 : 平成30年2月3日(土)15時~(約90分)

場 所 : 大阪柔整会館 5階 大ホール(大阪市西区靭本町3-10-3)

定 員 : 100名

参加費 : 無 料!

講 師 : 河井 好照 先生(公益社団法人 大阪府柔道整復師会 理事)

※参加を希望される方は、下記必要事項をご記入の上、FAXまたはメールにてお申込み下さい。

①氏名(会員の方は支部名・会員番号もご記載下さい)

②連絡先

③参加講座名「日本人として食を考える」

FAX : 06-64444-4166

メール : ojta@osaka-jyusei.or.jp

★「平成29年度 府民健康づくり講座」の詳細は、こちらをご覧ください★